0年0月の投稿一覧

変動型住宅ローンの金利推移ってどう?

住宅ローンの変動金利の適用ルール

金利推移を別問題と考えると、変動金利は固定金利より金利が低い傾向があります。

通常金利が半年に1回見直されるため、金利推移によって後の支払い額が大きく変わります。住宅ローン返済の金利は5年に1度適用されますが、金利自体は半年に1度のペースで変わっていきます。前の返済額の1.25倍より多くなってはいけないという制約が、変動金利の見直しには課せられています。月々の返済額は5年間変わらず、その間は金利だけが随時見直されていきます。

変動金利型の住宅ローンは危険?

金利推移によっては利息が上昇すると、住宅ローンの返済額のほとんどが利息部分にあてがわれてしまいます。元本がなかなか減らないというデメリットがあります。毎月の返済額の大半が利息で、元金の返済まで追いつかないという事態が、金利推移によっては発生します。

最近の住宅ローン見直し事情

最近では、金利推移を見て半年ごとに住宅ローンの金利を見直しながら、毎回の返済額も見直す金融機関も増えています。住宅ローンの金利にはいくつかの種類がありますが、変動金利型は金利推移によって返済額が増えるリスクにも対応できるような、世帯収入の多い家にいい方法です。

参考にしたサイト

新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】
新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法をご紹介します。新生銀行住宅ローンの年収や勤続年数の基準を調べ、審査に通るためのポイントを伝授!あなたの借り換えを必ず成功させます!
www.mortgage-sinsa.com/

住宅ローン減税のメリットを最大限にするために

住宅ローン減税を正しく活用

住宅ローン減税を活用して、できる限りの控除を受けるためには、住宅ローン控除の仕組みや条件をきちんと知っておくことが大事です。一年間で利用できる住宅控除は、50万円が上限となっています。住宅ローンの減税額は、上限9万7500を所得税に足した金額か、年末時点でのローン返済残高の1%かということになっています。自分の手元に一番多く還元される住宅ローン減税の控除額を探し出しましょう。

住宅ローンの書類の確認

住宅ローンを利用した金融会社から返済予定表を見せてもらえば、年末の住宅ローン控除額を計算する時点での住宅ローン残高がわかります。源泉徴収票をチェックすれば所得税額はわかります。また、自営業を営んでいるという場合は、確定申告の資料でチェックできるでしょう。住宅ローン減税では、収入のある人がその世帯の中で1人より多い場合は計算が違います。共働きであれば住宅ローン減税の控除を2人で受けることができるのです。2人がローン減税の対象となることで、控除額が高くなることもありますので計算してみることをおすすめします。

住宅ローン減税の条件

夫婦どちらか片方が主たる債務者となり、配偶者が連帯債務者となっている必要があります。夫婦ともが住宅ローン減税対象になるには、連帯保証の関係であってはいけないので気をつけてください。住宅ローンが民間のローンか公的なローンかでも、複数人数の収入の合計のやり方や控除額の算出方法が変わることがあります。住宅ローン減税の控除対象額に関しては、色々な制限や条件がありますので、十分把握することが得をするためのポイントです。

参考にさせてもらったサイト

住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】
住宅ローン減税の申し込み手続きについて必要書類や申請時期などの基本的な情報から、2013・2014年の控除、この先の動向など専門的な考察までご案内します!住宅ローン減税に関するあなたの疑問を解決します!
www.housingloan-tax.com/

Contents

HOME

その他

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ↑ページの上部へ戻る

    Copyright(c)住宅ローン減税マガジン. All rights reserved.