住宅ローン審査の2ch基準を徹底検証

住宅ローンは地方銀行がおすすめ

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

このため、現金をすぐに用意する。

という感じは、一般市民にはなかなかできません。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから担当者に全て任せる。

という方法もあります。

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

重要とみなされるところは職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをした方が後々自分のためになります。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点はこのメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

とはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。

審査の合否は約1週間前後かかります。

ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3~4カ月後だと言われています。

住宅ローンは新築がおすすめ

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

これから、新築または中古の家を購入される方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、その内の一割を税金として支払うものです。

ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ厳しい審査が待っています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

理由として考えられるのは以下のような方です。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金繰りの事ではないでしょうか。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

期間は最長で35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。

この保険は、申請者に何かあった場合借金が0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが力になってくれるでしょう。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みはなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。