フラット35で諸費用が安い銀行はどこですか?

一生のうち、最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で家を買うという人はまずいないと思います。

フラット35の借り入れを行う際、必要経費はどのくらいになるかもちゃんと確認しましょう。

住宅ローンを組んで資金調達するのがほとんどだと思います。

その際、変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方はフラット35を活用しましょう。

フラット35の始まった2004年頃に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにベストなタイミングといえます。

また、変動型の方が固定型よりも1%近く低い数値になっていますが場合によっては毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が崩れることもあるので気をつけましょう。フラット35で諸費用が安い銀行は、アルヒなどがおすすめされています。またその他のフラット35で諸費用が安いところをいえば、楽天銀行やりそな銀行も評判がよろしいようです。

固定金利で金利変動のリスクがないので選ぶ人も多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にも確認したい内容があります。

それは事務取扱手数料や登記などでかかる諸費用です。

それ以外にも、繰り上げ返済手数料が必要なローンと不要なローンかは借りるプラン次第になっています。

事務手数料の相場は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、借り換えをする際には、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用がかかります。

金利を下げて減る総支払額と借り換えにかかる諸費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

一般的にローンを検討する際に金利を見ると変動型で借りた方がお得に感じる一方で金利変動で逆に支払額が高くなるリスクもあるため低い数値にされているんです。

そんなリスクの心配をしたくないという人も多いと思います。

フラット35の場合は、団体信用生命保険は任意なんです。

そういった方の場合は、フラット35などのフラット35を利用することをお勧めします。

固定型と書いているように、完済までの期間ずっと支払額が変わらないので返済計画も立てやすいです。

デメリットとしては、金利固定なのでたとえ低くなったとしても支払い料金が低くなることもないことです。

テレビCMでよく聞くフラット35ですが、中古物件でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件次第で利用できます。

フラット35で一番諸費用が安いのはどこかも気になりますね。

その条件の例としては、床面積の広さが一戸建ての場合は70㎡以上になっているかや購入価格が1億円以下の住宅かという条件です。

また、中古物件ならではの要件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上過ぎている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で購入した物件に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を買う際にもご活用ください。

住宅は人生で最も大きい買い物とも言われています。

フラット35の借り入れを行う際、必要経費はどのくらいになるかもちゃんと確認しましょう。

その際住宅ローンを組むと思いますが調べてみるとフラット35とフラット35sという2つのプランがあります。

いったいこの2種類のプランはどういった部分が違うのでしょうか。

フラット35の諸費用はいくらになるかもあわせてみておいたほうが得策かもしれません。

消費用は銀行によってことなりますし、手数料関係も思ったよりかかってしまったという口コミもありますからね。

参考:フラット35で諸費用が安い銀行は?手数料いくら?【おすすめどこ?】

最初に言っておきたいのがどちらかを選ぶというものではなく購入する物件が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

省エネ性やバリアフリー性を高めると基本的には物件価格が上がりますが耐震性、バリアフリー性などが入ります。

これらの条件を満たしているとフラット35sが適用されます。

また、中古の物件でも条件さえ満たしていれば利用できるのでぜひ活用してください。

高額な借り入れのローンといえば住宅ローンなどがありますが。

あまり周りの人に相談するものでもなく、なにを基準に選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談に行けば相談できるのかわからないという場合もあります。

全期間固定金利が強みのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ相談するのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必須なようなのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。

住宅を購入する際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちることもあります。

一般的にローンに落ちる可能性が高いのは過去に別のローンを組んでいて支払いが滞っている場合や借り入れ希望額に対して年収が低くて返せそうにないといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンに共通することですが年間の返済額が年収の約3割までになっているかという部分も大切です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下に収まっていたとしても他に車のローンやリフォームローンが残っていて年間支払額を合計すると超えてしまうといったこともあります。

長期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一つ、フラット35ですがどういったローンなのか宣伝広告などを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料がかからないこと、対象物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が無料なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払い額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行オリジナルのローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にも様々なメリット・デメリットがあるので利用する際は確認してからにしましょう。

住宅ローンをはじめとした長期間に渡る借入は、できるだけ早く返済したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返す方法は繰り上げ返済を行うことです。

例えば、住宅ローンのフラット35では繰上げ可能額が100万円からに設定されていることが多いですが10万円から可能に設定されている銀行もあるようです。

その際、手数料が必要だと余分にお金を用意しなければいけないのでローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

住宅を買う際に利用する住宅ローンを組みますが金利変動のリスクを嫌ってフラット35で契約した人もいると思います。

どうせ支払うなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換え融資もあります。フラット35で諸費用が安い銀行はどこかと言う点も調べておくのもいいですよ。

その際、メリットが受けられるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、変動型ローンへ変更することもできます。

借り換えをするかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう下がるかやその他費用も含めて総合的に見て検討するようにしてください。

融資に際して、再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。