住宅ローンの金利の安い銀行はどこになる?審査の通りやすさは?

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

仕組みとしては、借りた二人が同時に返済するのではなくまず親が返済をしていき、その後に子供が返す構成だからです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

なので、すぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

自分の家を建てたい!と思ったとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまいますよね。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも申し込みは可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり必ず合格するという甘いものではありません。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

銀行や信用金庫他には住信SBIネット銀行などのネットバンクなどからも申し込み可能です。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども判断材料になりますからもし心当たりのある方はその点をきちんと整理した上で申し込みをした方が良いと思います。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利をわけると固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入するには住宅ローンを組まないといけません。

住宅ローンは住信SBIネット銀行などのネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、気になる商品があれば試してみると良いですね。

算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。

もっと聞きたいことなどあれば、直接スタッフに確認しましょう。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方は便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数ありその年によって大きく変動する場合もあります。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申請後は金融機関側の審査がありまずそれに通過しないと先には進めません。

重要な判断材料は年収、勤続年数、仕事内容などです。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しい目でチェックする可能性も高いので今後住宅購入を考えているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中ではおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので別の目的があって申請した場合には、違反になります。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

もしも、法律違法な契約が見つかった時には紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、約10%を税金として支払う義務があるのです。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、どんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

参考:住宅ローン金利が安い銀行は?低金利ランキング【どこが安い?】