高速バスの評判を比較してみた!

東京大阪間は高速バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

時間はかかりますが料金的には数千円とお安くなっています。

別の移動手段で考えてみると新幹線を使ったらおよそ3時間かかり14500円ほどの金額になります。

また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。

このようにバスは金額的な面でのメリットが大きいことがわかります。

時と場合によって何を最優先にするかは異なるでしょうし利用目的なども含め自分がどうしたいのか選択する必要があると思います。

高速バスはそれでなくとも大変お安いのですが往復料金でもう少しお安くすることも可能なのでしょうか。

チェックしてみると行きも帰りも区間が同じという場合は割引が適用されることがあるようです。

ただし往路のバスに乗車する前に行き帰り分の乗車券を事前に購入しておく必要があるとのこと。

また中には適用外という路線もあるそうなので割引があるかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

まあもとから格安の料金設定なので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

例えば長距離移動の最安値は何かと考えたときにバスが想起されるという人は多いのではないでしょうか。

調べてみますと東京大阪間の移動に2000円しかかからないなど驚きの低価格が実現されているところもあります。

そしてどの路線においても移動時間の長さが適度な睡眠時間と同じくらいだったりするので時間を有効利用するためにあえてバスを使うという人もいるかもしれませんね。

時間で比較すると新幹線や飛行機の何倍もしたりしますが料金的には半分以下になることも。

時と場合を考えて上手に利用したいですね。

高速バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、どうしても数時間の長距離移動となるので確実に大丈夫という人はいないのではないかと思います。

一般的に少しずつ休憩をはさみながら移動するのでどうしても我慢できない!となることは少ないかと思いますが、例えば車酔いで今にも吐きそうなときなどすぐに必要になってくる場合もないとは言い切れません。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

必要なとき行く場所があると思えるだけで移動中の安心感が違いますよね。

長距離を移動中に気がかりなことと言えばモバイル端末があとどれだけ使えるか。

少し空いた暇な時間にいじっていると目的地まですらもたないかも!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますが実はなんと高速バスにもコンセント付きのものがあります。

情報をまとめたサイトでピックアップされるほどに注目度の高いサービスであると考えられます。

またそれぞれの座席に設置されているというのも便利ですよね。

町中を走っている路線バスなどには回数券があり数回分まとめて購入することで1回分おまけしてくれたりするのですが元の価格設定がかなり安い高速バスにもあるのでしょうか。

調べてみますとそれぞれバス会社の窓口で販売されているとのこと。

同じ路線を何度も使う予定があるという人はこういったものを取り入れるとさらに節約になると思います。

注意点として使える期限が決まっていたり6枚などの数枚つづりだったりするので計画的に使いきれるよう予定をたてましょう。

一部使いきれなかったものの払い戻しができる場合もあります。

高速バスで移動することで我々にはどんなメリットが生まれるのでしょうか。

まず多くの人にとって嬉しいのが移動手段の中でも群を抜いた安さでしょう。

もちろん安全面も考えますと安ければ良いとも言い難いところがありますのでその点事前にしっかり下調べしておかなくてはなりませんが、とにかく安く移動したい人にしてみたらこれほど嬉しいこともないと思います。

また時間を有効活用することができるという点もあります。

夜行なら普段の就寝時間帯に車内で睡眠がとれるので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

ネットで見られる高速バスランキングでよく見かける会社に関する評判などを比較してみたいと思います。

まずVIPライナーは夜行バスが得意分野だそうでサービスの独自性や車内設備の充実度が評価されている点のようです。

引用:高速バス座席選びのコツとは?バス旅行を楽しむ!【3列独立シートとは】

それからサンシャインツアーも格安ということで人気ですがその他選べるパックツアーやキャンペーンも良いのだとか。

またピンク色のバスでよく知られるWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

少し調べただけでも数多くの会社が見つかりますが予算だけでなく安全面に力を入れているところが良いでしょう。

急な用事やスケジュールの変更で長距離の移動が必要になったとき乗車日当日の高速バスでも乗ることはできるのでしょうか?いろいろな会社を調査しましたところバスに席があればその日の予約も受け入れてくれるというところも。

本数の多い夜行バスなどでは確率が高いようなのでネットで調べれば案外すぐ見つけられるのではないでしょうか。

運行本数が多い路線なら希望通りに座席を取ることも可能かもしれません。

またその日のうちに乗車できるとしても席の予約は必須で行けば乗れるというものではありませんのでその点注意しておきましょう。

高速バスをはじめて利用するという人は車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

飴はのどの乾燥だけでなく酸味のあるものなら車酔いにも効果的なのでおすすめです。

またバスの発着所は必ず確認しておく必要があります。

わかったつもりで間違っているのが一番怖いので地図は必ず忘れないように持ち集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

移動が夜の間なら乗車中は寝ると思うので楽な格好を心がけ歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

それから大事なものは貴重品ケースなどに入れ持っておくと安心です。

高速バスで旅行する利点をいくつか挙げてみると、ひとつめに夜行を使えば夜でも移動できるので例えばの話仕事を終えたその足でバスに乗り移動中ゆっくり休みながら朝から観光へ行くなどといったように時間を無駄なく上手に利用することが可能という点が挙げられるでしょう。

極端な話たった一日の休日でも車中泊2泊で丸一日観光することもできるのです。

それから外せないのは格安料金というメリットでしょう。

運んでもらう距離に比べたら驚きの料金設定だと思います。

そう考えると手軽な旅の手段として使いやすいですね。

女子だけのグループや一人旅でバスを使っての長旅となると防犯面をネックに感じるという人がおられるかもしれません。

ましてや長い移動時間に寝てしまうと無防備な状態になりますから男性がいたら気兼ねするしなんとなく嫌だというのが本音なのではないでしょうか。

そういった人たちに選ばれているのが女性専用で利用できる車両です。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

自身の目的に合わせて選びたいですね。

乗り物が苦手という人にとって旅行中のプレッシャーと言えばずばり「移動」。

せっかくの旅行も不安なことがあったら思い切り楽しめないかもしれません。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は気分が悪いからといって気軽に降りたり停まったりすることはできません。

そこでネットにある車酔いしないためのコツを数点挙げてみます。

第一に前準備としては食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

リラックスできるゆるめの服装だと体が楽です。

また飲み物は炭酸水がおすすめ。

遠くの景色を眺めるのも意外と効果があります。

どうしたら高速バスに乗れるのかわからない...。

そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

やはり一番便利にとるならネットからでしょう。

席の状況がリアルタイムでわかり席の指定もしやすいですし車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

それから電話でお願いすることもできます。

対人なので聞きたいことがあれば聞けるのが強みですね。

一部では窓口に行けば直接購入できたりコンビニの端末で購入できたりもします。

どの方法が利用できるかバスを選ぶ前に確認しておくと良いでしょう。

テレビで目を引く大型車の事故のニュース。

連日流れるなんてこともしばしばありますから強く印象に残って気になっているという人がほとんどではないかと思います。

特に高速道路においてはどの車もある程度速いスピードで走行しています。

車が大きくなればその分運転技術も必要になってきますしスピードにのったときのパワーは比例して大きくなります。

実は事故率で見れば特別高いわけではないそうですが動かしているのが主に人間の技術という点もありいざとなると大きな事故になり得るのかもしれません。