住宅ローンの金利を研究するには?

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
といった様な簡単なものではありませんから・・・。
不合格になってしまう人もたくさんです。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が一つのラインと言われています。
近々、マイホームを購入したいと考えている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。
親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありませんから・・・。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。
何千万という高額な単位のフラット35なので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。
なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。
お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。
こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。
賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。
気になる銀行があれば、比較してみましょう。