TOEICの問題数と時間配分どうすればいいのか?

<TOEICの特徴について>その一つとして、問題数が多いことが挙げられます。
※試験時間200分です。
※問題は200問です。
※リスニングは、聞き取りテストになります。
ですから、時間は決められています。
問題は100問なので、1問につき30秒弱しかないと言った計算になりますね。
問題を聞いている時間を差し引くと、残りは5、6秒だけになってしまいます。

それから次にリーディングの試験が始まります。
あらかじめパート毎に、どの程度の時間を使うかについて考えておくと良いですね。
そうしないと、逆に最後の問題まで到達できないと言うことにもなりかねませんからね。
実際に受験している人の多くは、時間が足りないと言います。
そう考えています。
時間内に終わることができないと考えています。
何度かTOEICを受験している人は、その時間配分の大切さを分かってきます。
言い換えると、つまり最初からどのパートにどれぐらいの時間を使うか分かっています。
※TOEICの出題傾向は、毎回同じです。
長文と言いましても、内容的にはそれほど難しくありませんのでご心配なく!。
時間さえあれば解ける問題です。
<時間配分に関して>たいていの人が同じことを考えていますが、パート毎の時間をシミュレーションした結果なども掲載されています。
短い問題で5秒程度です。
それで答えを記入しなければなりません。
そうでなければなりません。